2012年5月22日火曜日

2012年度座間味島ウミガメ産卵調査に協力

5月21日 晴れ 大潮
座間味島の周辺にはアオウミガメ、タイマイ、アカウミガメが棲んでいます。
これからの夏季は産卵シーズンになり、座間味島およびその周辺離島の海岸には
毎年たくさんのウミガメたちが産卵の為に上陸します。
座間味島の浅瀬で見られるアオウミガメ
今日は、座間味島での産卵調査を今後どのようにやっていくのがよいか
日本ウミガメ協議会の若月さん、昨年より座間味島での産卵調査を行っている琉球大学の「ちゅらがーみー」の吉谷さん、沖縄県水産課の本永さんを招き、
座間味島でウミガメの産卵や、保全活動にかかわっているメンバーが集まり話し合いを持ちました。
ペンション高月にて開かれたミーティング
今年度は昨年に引き続き、ウミガメ調査の専門知識のある「ちゅらがーみー」の方に産卵調査を行っていただく事になり、座間味島の事業者は、それぞれ得意なビーチを振り分けて、上陸跡や産卵跡を毎週一度報告するという事になりました。

当店では阿佐ユヒナの浜と座間味ユヒナの浜の2か所(カヤックでしか上陸できない浜)を担当する事になりました。下記google Mapの青いポイントです。
                 
より大きな地図で ウミガメ産卵上陸調査 を表示

0 件のコメント:

コメントを投稿