2013年11月13日水曜日

クジラの小話

冬場にザトウクジラが座間味島近海でみられるのは、暖かい水温の場所で出産する為だと考えられています。
母クジラの横で子クジラのブリーチ  撮影 佐野裕二

冬場でも水温が21度前後の沖縄地域は出産に最適で、さらに小さい島々が点在する慶良間諸島は海が荒れても波の低い場所へすぐに移動できるので、泳ぎや呼吸が安定しない生まれたばかりの子クジラと、おっぱいを飲ませるお母さんにとっては最適な場所なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿